伊達締め

伊達締め

伊達締めとは、おはしょりの形が崩れないように締める紐のことです。

ですから、伊達締めは、腰紐よりも幅が広めの紐になっています。

伊達締め

伊達締めを使っておはしょりを固定することにより、浴衣をすっきりと着こなすことができます。

この伊達締めを綺麗に締める作業が終了すれば、浴衣は着れたも同然です。

ですから、伊達締めの締め方は、頑張ってマスターしましょう。

浴衣を着るときに最も難しいのは、おはしょりを綺麗に整えることです。

背中の縫い目を背中中央に保ちながら、なおかつ、衣紋抜きも綺麗に仕上げ、浴衣の丈も調節しながらおはしょりを完成させなければならないので、このおはしょりが浴衣の着こなしでは最も重要になります。

さらに、そのおはしょりを固定するのが伊達締めですから、伊達締めを締めるときは、しっかりとキメましょう。

伊達締めは、前で位置を決め、そして後ろへ回して交差させ、また、前へ回して脇で留めます。

後ろで交差させるときは、一方を折りたたむようにすると、後ろがすっきりとします。

また、前へ回したら左右の伊達締めを交差させてプロペラのように回転させてねじり、紐の最後は脇ではさみこむようにします。

こうすると、帯の下で伊達締めがゴロゴロとしないで済みます。

伊達締めは浴衣を美しく着るためのベースとなるので、しっかりとマスターしてください。