腰紐について

腰紐について

浴衣を着るときは、腰紐を使います。

腰紐

浴衣の丈は、腰の部分で腰紐を使って固定することで、決まります。

浴衣の着方ですが、まずは、襟を中心で揃え、背中の縫い目が背中中央をまっすぐ走るように羽織ります。

このとき、襟を揃えている手は離さないようにしてください。

そして、くるぶし丈で浴衣の長さを調節し、その後、衣紋抜きをします。

衣紋抜きとは、襟とうなじの距離を離すことで、衣紋抜きはこぶし一つ大が望ましいとされています。

それ以上、衣紋抜きをしてしまうと、かなり色っぽくなるので注意が必要です。

そして、合わせている右襟の下を左腰、左襟の下を右の腰位置へ合わせて、襟を左前にします。

ここで、腰紐を1本使って、浴衣の丈を固定させます。

腰紐は後ろで交差させ、前で留めるようにします。

背中中央の縫い目はまっすぐと走っているか、衣紋抜きは大丈夫か、浴衣の丈は丁度良いか、これらを確認してから腰紐を巻きます。

この腰紐が上手に結べないと、浴衣の形が崩れてしまうので、しっかりと締めましょう。

その後は、おはしょりをします。

おはしょりの形が整ったら、そのおはしょりが崩れないように、伊達締めで締めます。

おはしょりを綺麗に作ることが浴衣の綺麗な着こなしに繋がるので、腰紐を結ぶときは、気を抜いてはいけません。

ただ、このおはしょりを綺麗に作るのが大変難しく、浴衣を着るのを断念する方は、おはしょりで心が挫折しているようです。