前板

前板

浴衣を着るとき、帯をしっかりと締めて安定させるために、前板を使います。

前板

ただ、前板に対する感覚は、世代によって、あるいは人によって異なります。

前板は身体の前に来る帯をピシッと見せるためのもので、帯を重ねて巻いたとき、その重ねた部分に挟むものです。

現在では、ベルト付きの前板などが登場し、前板を伊達締めの上に巻くものと考える方も増えています。

前板を巻くと、帯がお腹の部分でぐしゃぐしゃにならずに済むので、どちらの方法でも良いですから、前板は活用しましょう。

ベルト付きの前板は、帯の重ねた部分に入れる前板のアイデアグッズのようなものです。

左脇で前板を挟んでベルトを締め、そして襟がぐしゃぐしゃにならないように、左前になっている襟に沿って、板が前に来るように滑らせると、前板をつけることができます。

現在、帯には様々な締め方があり、上に来る帯を折ったり、斜めにしたりする結び方もあります。

このような帯の締め方をすれば、帯の間に前板を挟むと、前板が他人から見えてしまうことになります。

ですから、最も上に来る帯を折ったり、斜めにしたりすることをしないのであれば、昔からある前板が便利です。