浴衣を着るとき、絶対に欠かせないのは帯ですし、浴衣を選ぶとき、帯の選び方にも気を配る方は多いでしょう。

帯

帯のデザインで、粋な浴衣姿になるかどうかが決まるといっても過言ではなく、浴衣の柄よりも帯の柄に注目する方もいるのだとか。

浴衣は毎年同じでも、帯が異なると、全く印象の違った浴衣になります。

ですから、浴衣を着るとき、帯にはどうしても気を使わなければなりません。

浴衣を着るとき、帯を一人で結ぶのは難しいと考えている方も多いでしょう。

しかし、帯を結ぶのは、実はおはしょりを作るよりも簡単です。

おはしょりの後姿は鏡で確認して仕上げますが、帯は自分の目の前で結び、仕上がったら伊達締めの上を滑らせるようにして、後ろ側に回すことができるからです。

しかも、帯の結び方には様々な結び方があり、意外と簡単な結び方もあります。

その一つに、文庫結びを挙げることができます。

文庫結びは帯を前で一回結んだ後、二つ折りにして片方の帯の端を肩に乗せます。

もう一方の帯の端で大きな輪を作り、その輪の中央を、肩に乗せた帯でぐるりと回すと、リボンのような形が出来上がります。

ぐるりと回した帯のあまりを、腰に巻いている帯に納めれば、文庫結びの完成です。

ただ、文庫結びがどんなに簡単でも、やはり結べないという方はいるでしょう。

そのような方は、すでに結んだ形をした帯が販売されているので、それを活用すると良いと思います。