浴衣の下に着る下着

浴衣の下に着る下着

浴衣の下に着る下着には、注意が必要です。

浴衣を着た女性の後姿

着物を着るのだから、長襦袢が良いと考える方もいるかもしれませんが、浴衣は本来、素肌の上に着るものです。

旅館にはよく浴衣が置いてありますが、あの浴衣を外出できるようにデザインしたものが、花火大会や夏祭りに出かけるときに着る浴衣と考えて良いと思います。

ですから本来、浴衣の下には下着を着る必要がなく、長襦袢も必要ありません。

ただ、そうはいっても、浴衣の胸元がはだけると恥ずかしい思いをしてしまいますし、胸元が透けて見えてしまうのも避けたほうが良いので、下着は着ることをオススメします。

浴衣の下に下着を着るなら、丈の長い下着がオススメです。

足の付け根よりも下になる程度の丈の下着は、浴衣を着たとき、おはしょりの下でゴロゴロとしないので快適です。

ロング丈のキャミソールなどは、浴衣の下に着る下着としてぴったりでしょう。

また、浴衣の下に着る下着の色は、できるなら白やベージュがオススメです。

黒などを浴衣の下に来てしまうと、黒の下着が外から見えてしまうかもしれません。

そして、注意しなければならないのは、パンティーでしょう。

浴衣は意外とお尻にフィットするので、パンティーラインが見えてしまうことがあります。