浴衣で出かけるときの注意

浴衣で出かけるときの注意

浴衣で出かけるときは、洋服とは異なり、様々なところに注意をしなければなりません。

浴衣を着て困った女性

普段、和服よりも洋服で過ごす時間のほうが長いという方は、特に気をつけなければならないでしょう。

まず、浴衣で出かけるときに注意して欲しいのは、トイレです。

現在、洋式トイレの数が増え、和式トイレの数が減ってきているようですが、浴衣でトイレへ入るなら、洋式よりも和式トイレのほうが便利です。

洋式トイレに入ると、裾をかなり捲り上げないと、用を足すことができません。

それに比べて和式は、それほど裾を捲り上げなくても用を足すことができるので、入るなら洋式よりも和式です。

また、浴衣で出かけるときは、大股で歩くことを避けなければなりません。

スカートやパンツを着て歩いているときと同じような感覚で歩いてしまうと、裾が予想外に広がらず、転んでしまうことがあります。

ですから、浴衣を着て外出するときは、内股で、チョコチョコと歩数を増やす感覚で歩いてください。

歩くスピードをアップするときは、浴衣では走ることができませんから、小走りになります。

また、袖のさばき方にも注意が必要でしょう。

浴衣を着て片手を伸ばして物を取るときは、片方の手で袖を抑え気味に引きながら取ってください。