注意したい衣紋の抜き方

注意したい衣紋の抜き方

浴衣を着るときに注意したいのは、衣紋の抜き方です。

浴衣を着た女性のうなじ

衣紋の抜き方で、浴衣の印象はかなり異なってきます。

色っぽい自分を演出したいのであれば、衣紋はこぶし1個半抜くと良いかもしれません。

うなじがしっかりと見えるように衣紋を抜いたほうが、色っぽさを強調することができます。

可愛らしい印象にしたいのであれば、衣紋はこぶし1個分で良いでしょう。

うなじが見えるか見えないか程度に衣紋を抜くと、色っぽさを抑えることができ、可愛らしさを演出することができます。

色っぽさを強調したいがために衣紋を抜きすぎると、色っぽ過ぎて、異性から引かれてしまう場合があります。

うなじを過ぎて肩甲骨が見えてしまうぐらいに衣紋を抜いてしまうと、だらしない印象になるので注意が必要です。

女性同士で外出する場合は、あまりにも色っぽ過ぎると嫌われてしまうかもしれません。

ですから、女性同士で花火大会や夏祭りに浴衣で出かけるのであれば、衣紋は控えめに抜いたほうが無難です。

また、背中中央の縫い目には注意をしてください。

衣紋抜きに気を取られていると、縫い目に気が回らず、背中中央にピシッと縫い目が来なくなることがあります。

浴衣は背中で着るものだという方もいるぐらいですから、後姿には充分注意してください。