浴衣を簡単に着る裏技

浴衣を簡単に着る裏技

浴衣を簡単に着る裏技をご紹介します。

内緒話をする浴衣を着た女性2人

その方法はズバリ、おはしょりの部分を着る前に縫い、形を作ってしまうことにあります。

和服を着るとき、最も難しいと感じるのがおはしょりでしょう。

衣紋抜きをしながら和服の丈も決め、そして背中の縫い目が中央にあるかを確認しながら、おはしょりをして腰紐を巻くという手順のところで、心が挫折してしまい、浴衣を着ることを諦めてしまう方を多く見かけます。

ですから、着るときに、すでにおはしょりが出来ている状態にするのです。

浴衣を着て衣紋抜きをし、背中の縫い目が中央にきていることを確認し、おはしょりをしたら、そこに待ち針を刺します。

そして、おはしょりの形を整えて、ざくざくと縫ってしまうのです。

こうすると、浴衣を着るときに、難しいおはしょりで悩む必要がなくなります。

着るときには、おはしょりは出来上がっているので、旅館の浴衣感覚で着ることができてしまうのです。

おはしょりを縫って作っているということは、周囲の目からは分かりません。

おはしょりの上からは帯を巻いてしまうので、浴衣を脱がない限り、おはしょりを縫って作っていることはバレないのです。

毎日、浴衣を着るのなら別かもしれませんが、花火大会やお祭りのときに着るという程度ならば、おはしょりは縫って、あらかじめ作っておくと、簡単に着ることができます。