サマードレスとサンダルを隠し持とう

サマードレスとサンダルを隠し持とう

恋人同士で花火大会や夏祭りに出かけるときに、浴衣を着ようと考える女性は、サマードレスサンダルを隠し持っておくと良いでしょう。

サマードレスとサンダル姿の女性

なぜなら、浴衣を一旦脱いでしまうと、自分では綺麗に着ることができないという女性が多くいるからです。

私の友人は着付けをすることができるので、成人式の日には大変忙しいと聞きます。

さらに、成人式の日の朝が忙しいのは当然なのだと思うのですが、夜も大変忙しいのだとか。

和服姿のカップルが成人式で盛り上がり、そのままホテルへ行ってHをすると、その後、和服が一人で着られずに、着付けのできる方がホテルへ呼ばれるのだとか。

ですから、友人は成人式の日の夜は、ホテルで女の子に着付けをするので忙しいというのです。

浴衣を着る時も、同じようなことが考えられます。

夏祭りや花火大会で盛り上がり、その夜、そのテンションをホテルに持ち込んでHをするまでは良くても、そのホテルで浴衣を着ることができなければ、どうしようもありません。

そこで活躍するのが、隠し持ったサマードレスとサンダルです。

浴衣を着ることができないかもしれないと予想できるなら、サマードレスを畳んでバッグの底へ忍び込ませ、ホテルを出るときは、そのサマードレスを着るようにすればOK。

ただ、サマードレスを着たときに、足元が下駄ではバランスが悪いので、コンパクトなサンダルも合わせて持ち歩くようにすると良いでしょう。